空色の通勤電車

最近暑いですね、どうも!NRS2です。

京葉線で活躍していた201系が廃車されました。今回はその様子を撮って来たのでその報告を。
今回のカメラは一枚目がD200+18-200、以降は不明です。

▼長野総合車両センターへ向けて走る千ケヨ54+K4編成
K4+54
中央・総武緩行線から中央快速線へ転線する様子を御茶ノ水ー水道橋間で。
沢山いた201系も、このK4+54編成の廃車をもってJR東日本から形式消滅しました。

今回はこの一枚だけ。。。では寂しいので
過去にこのブログに載せたJR東日本が所有する201系の写真を改めて載せてみようと思います。

▼中央快速線で活躍していた201系
T19T117
個人的に、201系と言ったらこのバーミリオンオレンジを連想します。
中央線中央快速線、青梅・五日市線と言えばこの電車でしたから。

201系は国鉄時代に誕生した形式の一つで、1.000両を超える車両が製造されました。
首都圏では、中央快速線、青梅・五日市線、中央・総武緩行線、武蔵野線、京葉線、東金線などで活躍しました。

▼京葉線で活躍していた201系
K1K2K3
K1編成のパン切れはスルーして・・・
スカイブルーの201系は、JR西日本管内の東海道本線でも活躍していましたが、現在は消滅しています。

201系はオイルショック後の流れで、技術的にも「省エネ」を意識して作れた電車の一つでもあります。
現在でも多くの鉄道車両や、トヨタのプリウスなどでも採用されている回生ブレーキを装備しています。

▼舞浜を出発する千ケヨK2+52編成
活躍はいつまで続くのか
京葉線で103系、201系と続いたスカイブルーの電車も、以降の205系、209系500番台、E233系ではワインレッド帯に変わってしまいました。

▼現在の中央快速線で活躍するE233系0番台(左)と京葉線で活躍するE233系5000番台(右)
T10504
201系の後継として投入されたE233系。
両方ともすっかり路線の顔として馴染んでいるようです。

こんな感じです。
国鉄型の電車が次々廃車されて行きますね。最近の電車と比べると乗り心地、冷暖房能力や静音性など、全てで劣りますし、使用する電気量も、メンテナンス性も劣ります。
そんな国鉄型の電車でも、ホームに入ってくるとなんとも言えない安心感があった気がします。もっとも、毎日利用しない線区だからこそ言える事かも知れません。

それでは

■ Comment

非公開コメント

スポンサードリンク
amazon
Tweets
プロフィール

NRS2

Author:NRS2
趣味人によるフォトブログ。
鉄道や風景、夜景、動物写真、そして自転車など。メインサイト「趣味人でいこう」も運営中。

カレンダー

09 ≪ 2017/10 ≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
WEB拍手
クリックで
管理人のやる気が上がります(笑)
カテゴリー
シリーズリンク
趣味人シリーズへのリンクです。
趣味人リンク
趣味でお世話になってるサイトです。
ブログ内検索
このブログ内を検索出来ます。
RSS
カテゴリー別RSS始めました。

お問い合わせ
管理人へのお問い合わせはこちらから。
返信はfc2.usドメインから行います。
カウンター
あなたは

人目の大切なお客様です。
2006/2/24設置