断線!サイクルコンピューター

どうも!まさか今年初の更新が夏になるとは思ってもいなかったNRS2です。

さて、今回は伊豆急のアルファ・リゾート21を撮りに行った話を・・・書く予定でしたが、行けなかったのでサイクルコンピューター、サイコンが断線してしまった話を書こうと思います。今回のカメラはD200+18-200VR、SB-800です。そろそろ新しいカメラが欲しいな。

ママチャリ用に使っていたサイコン、キャットアイ ベロ5(CC-VL110)のブラケットが断線し、使えなくなってしまいました。
ちなみに、ブラケットが変形して使えなくなった話は以前のグログで紹介しています。

▼根元から断線しているブラケット。
断線
ハンドルへの固定方法は現行のタイラップ(結束バンド)ではなく、ネジで固定する懐かしいタイプです。

ちなみにこのブラケット、どれくらいの期間使ったものか考えてみましたが、正確には分かりませんでした。形状から察するに、ベロ2(CC-VL200)ぐらいの品だと思います。・・・だとするとかなり長持ちしましたね。

本来、左で切れている同線はブラケット下側の色が黄色っぽいゴムの裏側にある金属部品に結線されていました。キャットアイの有線サイコンで、コードが断線したと言う話が良く聞きましたが、根元から断線するというのはあまり聞かない気がします。時代は無線サイコンですから、私があまり意識していなかっただけかも知れませんが。

コードが断線したなら、手持ちの工具で銅線を露出させて・・・と、修理できないこともないのですが、硬くなったゴムを撤去し、はんだ付けして、またゴムを取り付けて、と手間がかかるので買い替えることに。本体はまだ元気なので、ベロ5のセンサー類だけを買おうとAmazonを探してみると少々お高め。そこでベロ5本体を買おうとしましたが、前回と比べて2倍近く値上げしてるじゃないですか。そこまでお金を出すなら新しいサイコンに!と言うことでキャットアイの現行ラインナップの中から、無線ローエンドのベロワイヤレス(CC-VT230W)と有線ローエンドのベロ9(CC-VL820)の機能やお値段を検討した結果、ベロ9が我が家へやって来ました。

以前ベロ5を購入したときには、この次は無線にする!と思っていましたが、無線に比べて1/3近く安いこともあって、再び有線タイプです。無線タイプはもう少し安価にならないものでしょうか。

▼ベロ9(CC-VL820)
ベロ9 CC-VL820
ベロシリーズもいつの間にか「9」に!

ベロ9の設定をしていて気付いたのは積算距離の入力が出来るようになっていたこと。キャットアイの製品の中ではミドルクラス以上での機能というイメージがあったので、ローエンドでも使えるようになって便利になりました。そしてブラケットが以前のベロシリーズとは違うこと。これは断線や降雨時の接触不良等の対策ですよね?キャットアイさん!

▼歴代のサイコンたち(一部)
サイクルコンピューター
左上から時計回りにベロ9(CC-VL820)、ベロ2(CC-VL200)、ベロ5(CC-VL110)、ベロ5(CC-VL110)、ベロ1(CC-VL100)、ベロ5(CC-VL110)。

えっと、ベロ5が3つあるのは別に間違えて買ったとかではありません。ブラケットが破損して本体ごと買いなおした結果です。そう考えるとベロ5同梱のセンサーキット(#169-9550)は貧弱ですね。その代わり、写真に写っている本体は全て正常に稼働します。丈夫なんだか、ひ弱なんだか。

それでは

キャットアイTL-LD155-R

どうも!最近は自転車で走るにピッタリな気候ですね。NRS2です。

さて、秋の日は釣瓶落としとは良く言ったもので、ライトを点灯させて走行する時間が長くなってきました。そこで今回はママチャリ用に新調したテールライトについて書いてみようと思います。
今回のカメラはNikonD50とAF Zoom Nikkor 28-80mm F3.3-5.6Gです。この組み合わせで撮影した写真をブログに載せるのは何年ぶりだろ。

▼今回新調したテールライト
TL-LD155-RとTL-LD170-Rのパッケージ゙
キャットアイTL-LD170-R(上)と、キャットアイTL-LD155-R(下)

両方ともキャットアイの新型!とは言えないモデルですが、今回の主役はこのキTL-LD155-R(Amazon)です。

▼キャットアイTL-LD155-R(左)と、今まで使っていたキャットアイTL-LD170-R(右)
TL-LD155-R、L-LD170-R点灯中
点灯中の様子です。
TL-LD155-Rは付属の電池に対して、TL-LD170-R(Amazon)は100時間以上使用したものなので単純には比較できません。

TL-LD170-Rはそれなりの輝度があるLEDを3灯も使っている製品ですが、それでいて100時間以上使用してもテールライトとして十分利用できる明るさがあります。ですが、写真では伝わりませんね。
本当は新品の電池を用意できると良かったのですが、買い置きがないことに気付くのが遅すぎました。

▼ラピッドモード(左)と、点滅・点灯モード(右)のTL-LD155-R
TL-LD155-RラピッドモードTL-LD155-R点灯・点滅モード
お気に入りなのがラピッドモード。
全てのLEDが発光する点滅・点灯モードとは違い、ラピッドモードでは代わる代わる発光します。

ラピッドモードの配光が尖っているのもまさにそれで、発光しているLEDの違いによるものです。この独特の光り方は癖になりますよ(笑)

▼TL-LD155-R特徴、360度配光。
TL-LD155-R、360度配光
ライト本体に付属のブラケットを取り付けた状態で、裏側から撮影しています。
裏側にも光が漏れていることが伝わるでしょうか?

写真の黒い部分は上から単4電池、基盤、単4電池、中央の縦長に黒い部分がブラケットです。

▼一応撮影した点灯中のTL-LD170-R(左)とTL-LD155-Rの比較
TL-LD170-R点滅・点灯モードTL-LD155-R点灯・点滅モード
えっと、電池残量が残念なので、比較になりませんね。。。

TL-LD170-Rも価格の割にはとても明るく、安心して使用できるライトなのですが、この写真たちではやっぱり伝わりませんね。
突然の豪雨でスイッチが壊れなければまだまだ現役だったのですが。。。電池の持ちも、コストパフォーマンスもTL-LD170-Rの方が上なんですけどね。残念です。

TL-LD170-RとTL-LD155-Rの違いはラピッドモードの有無とLEDが3個から5個へ増えたぐらいでしょうか。
単4電池2本と言うのも、キャットアイのこの価格帯の製品ではおなじみの仕様ですし。実際、二つのライトを点滅モードで並べてみても、そこまで大きな差はあまりないように感じます。
細かいことを言えば、TL-LD170-Rに使われているLEDの方が高輝度に見えますし、それでいて点滅モード公称200時間というランタイムも魅力的です。一方、TL-LD155-RはLED5個をフル活用したラピッドモードは中々のアピール力です。数十センチ横でブレーキランプが点灯している中でも、後続のバイクや自転車に自転車の存在をしっかりアピール出来そうです。

▼キャットアイTL-LD155-R(左)とキャットアイTL-LD1100(右)の比較
TL-LD155-RとTL-LD1100の配光パターンの違い
せっかくなのでxtcNRS2で使用しているTL-LD1100と比較してみました。
TL-LD1100、いつの間にか生産終了になったのですね。

TL-LD1100は正面に6灯、左右に各2灯、計10灯のLEDを使用しています。
単三電池2本と言う仕様と相まってとても重く、使っている人もすっかり見なくなりました。

▼TL-LD1100の配光
TL-LD1100、点滅・点灯モード
正面と左右にLEDを配したモデルはこれ以降販売されていないのが残念で残念で。

まぁ、重いですすからね。
こんなに大型なテールライトをわざわざ購入しなくても、マーズ4.0(当時)を始め、小型で高輝度なテールライトも流通していましたから、人気が出なかったのかな。

▼TL-LD155-RとTL-LD1100
TL-LD155-RとTL-LD1100

夕暮れ時からテールライトを点滅させることもある私にとって、その時間帯でもドライバーから認識されることが第一です。最近の製品は、ローエンドでもその役割を十二分に果たしてくれるので助かっています。

自転車は車やバイクと違い、後方を簡単に確認するのが難しい乗り物です。
そしてまだまだ自転車レーンが整備された道は少なく、ガードレールすら設置されていない道路も多くあります。そんな道でもテールライトを使うことで、夕方以降、事故に合う可能性を少しでも減らせることが出来るのなら利用した方が良いに決まっています。
車のライトが届き、自転車のリフレクターが反射する距離では遅い、なんてこともあります。ライトなら、カーブミラー越しにだってその存在を後続車に知らせることができます。それに自転車の進行方向を伝えることができるだけでも夜間の安全性は大きくあがると様々な場面で感じています。

もし一度もテールライトを使ったことがない人がいるのなら、ぜひ一度使ってみることをおすすめします!
百聞は一見に如かず。テールライトで車との距離がどう変わるか、ぜひ体感してみてください。

それでは

サイクルコンピューター

どうも、サイト用に独自ドメインを取得しようか悩んでいるNRS2です。

さて、今回は秩父鉄道わくわく鉄道フェスタの様子を、、、書くつもりでしたが、行けなかったのでサイクルコンピュータ、サイコンについて書こうと思います。今回のカメラはD200+18-200VR、SB-800です。

▼歴代のサイコンたち
歴代のサイコン
左上から、ベロ2(CC-VL200)、ベロ1(CC-VL100)、ベロ5(CC-VL110)、コードレス7(CC-FR7CL)。

自転車で走る時に現在速度、最高速度、平均速度、走行距離、走行時間などを計測してくれるサイコンは、サイクリングの必需品です。最近はスマートフォンのGPSを利用したアプリもあるので、より身近な物になった気がします。

そんなサイコンですが、ママチャリ用に使っているベロ5(CC-VL110)が反応しなくなってしまったので、調べてみました。
普段はセンサーとマグネットの位置を調整したり、電池交換したりすると直るのですが、今回はそれでも直らず。そこでブラケットを確認してみると・・・

▼対応前後
変形後変形前
左が反応しなくなった状態、右が反応する状態ですが、分かるでしょうか。
本体同梱のブラケットセンサーキット(#169-9550)がUの字に変形してしまい、接触不良となっていました。

仕方がないので、センサーだけ買い替えようと思いましたが、新品のベロ5(amazon)と値段的に大差がなかったので、新品を一つ購入しました。昔はもう少し高かった(店頭価格)気がするのですが、手頃な値段になりましたね。

それにしても、長年キャットアイのサイコンを使ってきましたが、ブラケットが変形して使えなくなったのは初めての経験です。取り付けた自転車こそ違うものの、駐輪場所や使用用途は同じなんですけどね。もっとも、しっかりした作りのセンサーが同梱されていた頃の価格帯と、現行モデルの価格帯を考えれば仕方がないことなんだと思います。

ちなみに、下二枚の写真に写っているサイコンが小さいのは、レンズの最短撮影距離や最大撮影倍率との関係です。こうなると、望遠マクロが欲しくなります。お金ないですけど。

それでは

NRS2

今年最後の更新です。どうも、NRS2です。

今日は「年末の挨拶をしたいけど、話題がない!そんな時は自転車ネタだ!」と言う事でNRS2の事を書いてみようと思います。・・・去年も似たような記事を書いたのは恐らく気のせいです。

▼xtcNRS2
xtcNRS2
今年も色々走りました。

さて、前回自転車の話題を書いた時にも諸々書きましたが、Fハブ、ブレーキに問題があります。特にFハブは深刻で、内部が削れてしまいガタが出始めています。このトラブルで新調したライトの出番がなく、最近寂しいです(笑)

将来的にはホイールを買い替え、それに合わせてブレーキも油圧ディスクに買い替える事になると思います。
でもホイールって良く分からないんですよね、色々勉強中です。

それでは~


今年も趣味人でいこうシリーズをご覧頂きまして、ありがとうございました。
来年は趣味人シリーズを簡略化しようと思います!

オーバーホールしてました

どうも、少しずつ涼しくなってきましたね。NRS2です。

今回はxtcNRS2をオーバーホールしていたのでその報告を。

▼xtcNRS2
xtcNRS2
2003年モデルなので、購入から10年近く経つことになります。

定期的なメンテナンスで補っている物の、各所にガタが出始めています。
ブレーキパット等の消耗品の交換も何回行ったことか。

▼ROCK-SHOX SID XC デュアルエアシステム リバウンドアジャスト付 165mm
ROCK-SHOX SID XC デュアルエアシステム リバウンドアジャスト付 165mm
一番最初に駄目になったのがリアサスペンション。
2009年の時点で、ポジティブエアバルブ・ネガティブエアバルブと二つあるエア室が繋がってしまいました。

▼ROCK-SHOX MONARCH 4.2
モナーク4.2
それで買い替えたのが、このモナーク。もう2年も使っているのですね。

ここからが今回のメンテナンスで見つかった問題点。

▼HAYES HMX-1 メカニカルディスクブレーキ
HAYES HMX-1
キャリパーはHAYESなのですが、パッドの規格が古いそうで。

こうなると、近いうちにブレーキ一式交換するしかないですね。
とりあえず、調べる時間が欲しかったので今回はお取り寄せをお願いしましたが、次はDeore XT辺りに交換でしょうか。勉強不足なのでよく分かりません。。。

▼SHIMANO DEORE M525 32Hディスクブレーキ用 クイックレリーズ
SHIMANO DEORE M525
こちらも残念な事になって来ました。

ハブ内部が色々と削れてしまっているそうで、ガタが出てきました。
こちらもやっぱり交換でしょうね。ハブだけ交換するか、ホイール毎交換するか、悩みどころです。ほら、最近は色々気になるホイールも出てますし・・・ね。

こんな感じです。
ブレーキとホイールを交換するとなると、足回りの約半分を交換する。そんな気分です。

それでは
スポンサードリンク
amazon
Tweets
プロフィール

NRS2

Author:NRS2
趣味人によるフォトブログ。
鉄道や風景、夜景、動物写真、そして自転車など。メインサイト「趣味人でいこう」も運営中。

カレンダー

09 ≪ 2017/10 ≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
WEB拍手
クリックで
管理人のやる気が上がります(笑)
カテゴリー
シリーズリンク
趣味人シリーズへのリンクです。
趣味人リンク
趣味でお世話になってるサイトです。
ブログ内検索
このブログ内を検索出来ます。
RSS
カテゴリー別RSS始めました。

お問い合わせ
管理人へのお問い合わせはこちらから。
返信はfc2.usドメインから行います。
カウンター
あなたは

人目の大切なお客様です。
2006/2/24設置